プロフィール

MMC07

Author:MMC07
群馬県より2004大会から参加しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMC08スタート2007-06-20(Wed)

今年の大会日程もUPされて数日経過。やっと、MMC08のイメージが沸いてきました。早速製作に取り掛かりました。昨年までは後輪から製作しましたが、今年は前輪から製作が始まりました。問題は重量オーバー。目標は低重心とコーナーでの安定性とスピードUPです。

生徒の製作はなかなか進展せず。しかし、5割のメンバーが完成のめどが立ってきました。次は何をやるんですか?の質問の回答はやることが無いのであれば、早く帰りなさいである。
スポンサーサイト

本日の成果(未完成&見本完成)2007-06-17(Sun)

本日は完成を目指して・・・。アクリル板の穴あけに2時間(2個の穴)に始まった。予想では20分もあればできる予定であった。経験者はアドバイスもしないで自分の製作に走る。挙句に時間と資源の浪費の連続。穴の位置は合っていたのかと確認して組み立てに入ったが全然合っていない。

当方の講習会用の見本は着々と完成。見本が目の前にあるのに次は何をするのですか?はやめて欲しい。自分に足りないところを見つけて欲しいものである。あとは制御基板を載せて坂道検出センサを取り付ければほぼ完成である。

見本1

見本2

本日の成果(資源と時間の無駄遣い)2007-06-16(Sat)

本日は6月までに完成させることを目的に気合を入れて製作に励んだ。しかし、恐るべし工業高校生。ものづくりとか言っているが、これでは人に言えません。

本日の課題は前輪部分の完成であった。しかし、まだキットのセンサのはんだをやっている者がいた。こんなことで2週間費やすな!である。そして、最初に取り掛かった1年生、なんと4回製作をやり直して5時間後に完成。しかし、MMC07工房の強いマシンはスマートで美しいのポリシーに反するものであった。とりあえず穴の位置が合っていただけである。6×6.5mmの2017板に11個の3mmの穴を開けるだけである。傍らには私が製作した実物が置いてある。自分でできる最も確実な方法で仕上げろと言っているのに。(重ねて両面テープで張って上からあければ・・・。)3年生も同様、次から次へと資源と時間を浪費していった。活動を始めるときに4つの穴を開けるのに2時間かかってクビになった話をしておいたが、そのときは誰もが自分は違うと言っていた。旋盤やフライス盤(ましてやNCで)で精密加工ができることと現物合わせの加工は全然レベルが違いますね。

いよいよ2008大会2007-06-14(Thu)

いよいよ、2008大会が始まります。まず最初は横須賀(南関東)大会である。日程がUPされると本気MODEになりますね。今年もオープンの部もあれば生徒と一緒に参加する予定であります。ホテルの予約も考えなくてはいけません。もし当日お逢いできましたら声をかけてください。しかし、今年は試作で出遅れて新たな改良点が無いところが不安でありますが、LOGでどのぐらいロスタイムを無くせるのかといったところでしょうか。

本日の成果(予想外)2007-06-10(Sun)

6月中に完成させるために本日も気合を入れて製作をしました。本来ならば2~4月に実験・試作をしているのですが、自分だけではどうにもならない外乱によりまして遅れまくりです。

本日の成果
1.車体のベース板の製作
1年生ながらいきなりカーボン板でチャレンジ。
これ一枚は一カ月分の部費であると言い聞かせながら、隣で見本を製作しながら要点を解説。間違えることを想定して注意しなければならないことを全て指示したのに・・・。余分に切った。見本を見せながら、ここが危ないと言ったのに。
 pcbカッター

カーボン板はどのように加工しているかと申しますと、基板切断用のPCBカッターで切断しています。当方ではアルミ板よりも簡単に切れるので助かっております。

2.車体補強板の製作
車体を薄板で製作しているので2枚のサンドイッチ構造にした。これも見本を見せながら製作手順を確認。ここでも、ほうれんそうが不足していた。見本は6角形であるが仕上がったものは5角形であった。2017買って来い!!!。これでいいんですよね、ぐらい確認しろ。

3.走行用モータギヤボックスの選定
35個から4個を選ぶのであるから余裕があるように思えるが、特性があったものを組み合わせるのに意外と時間がかかった。
ギヤボックス4

2モータ接続で0.35~0.4Aのものを組み合わせた。

 4.ステアリング用ギヤボックスの調整
ギヤのかみ合わせをキツイ状態で製作しているので、ギヤを取り付けてモータを回しながら馴染ませる。ちょうど目の前に切削油があったのでこれをたらして回せ回せ。
ステアリングギヤボックス2

目標値は0.2A以内になるまでである。しかし、出来の悪いものはいくらやっても使い物にならないことを実感した。

失敗22007-06-06(Wed)

昨日に続いて本日も出ました。今回はLEDの逆差し2箇所。完成後、動作確認をしたら2箇所LEDが・・・。その場で2箇所の逆差しを確認。そしてどこが違っているのかを調べてもらった。しかし、正常なLEDを外そうとしてパターンをお釈迦にした。いつも言っていることであるが、ほうれんそうが足りないのである。ここでよいのですよね。何故、一瞬で違っている箇所が解るのですか。このように直していと思います。などなど。探りを入れて欲しいのであるが、本校生は勝手にやって、勝手に壊していく。4,000円かベンチ入りなしの荷物運びのどちらが良いかを問い詰める。まだ退部勧告まで行っていないのが救いである。本部活は生存率15パーセント以下である。

失敗2007-06-05(Tue)

先日より製作をしているセンサ基板。何故か半田が着かないと・・・。何やっているんだい。よく見たらランドが両面とも無くなっていた。これはダメだ。再購入しかないと脅かす。そしてさらに世の中お金で解決できることも多いと慰める。しかし、4,000円は・・・。そこで、配線図を調べて手術をしてもらうことにした。約20分して手術完了。動作確認は後日となった。

本日までの成果22007-06-03(Sun)

本日までの成果2は
6月中に完成させるために本日も気合を入れて製作をした。
いよいよ三者面談が始まるので真剣である。

本日までの成果2-1
エンコーダ用の車輪の製作。当方ではOリングをセットした状態の直径にこだわっている。本日も31.8mmにした。プログラムをしている方であればこの半端な数値が何を表しているかがお分かりですね。卓上旋盤で加工を私がやりました。最大、0.5mmの切れ込みでもストレス無く加工ができました。バイトと切削速度そして送り速度によって異なりますのでご注意!。卓上旋盤は玩具ではないか、と思われる方も多いいと思いますが、透工房製のバイトはそれを可能にしてくれました。いい加減な切削でもキラキラに仕上がりました。製作時間は1個約30分でした。
エンコーダ


透工房製のバイトです。

透工房バイト


本日までの成果2-2
タイヤ16個の完成。40mmのスポンジグリップをストレス無くホイールに接着することに苦労をしたが。
タイヤ


本日までの成果2-3
センサ基板の完成。若干の追加工?がありましたが、約6時間かけて完成である。約1名。本日は1名欠席で2名が14時30分より製作に入りました。

センサ基板2


本日までの成果2-4
ステアリングギヤボックス。ベアリング付。

ステアリングギヤボックス


本日までの成果2-5
フライス盤のDROに保護カバー装着。接着時間を含めて1時間以内で完了。ダイヤモンドやすりのパッケージを鋏で切って接着しました。

DROカバー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。