プロフィール

MMC07

Author:MMC07
群馬県より2004大会から参加しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RE-maxは徐々に そして見習い君はTYPE-R2008-06-16(Mon)

RE-maxのMMC09は蛇行運転中。アナログの方は意味不明?ですか。
プログラムのミスを発見してかなり良い感じになりました。しかし、こんな箇所を誰が・・・***にするのでしょうか。のめり込むとミスの発見が遅れる傾向があるようです。冷静に他人のプログラムをチェックするように確認しましょう。以前、講習会で「プログラムがそのように記述されているのではないですか?」の言葉を思い出しました。しかし、軽量化と出力UPそして逆転ブレーキによって、突っ込んで良し、立ち上がりも良しのマブチでは味わえない走りを完成させたいと思います。車体の強度が怪しくなてきました。

話は変わって見習い君はTYPE-SではなくてTYPE-Rを入手した。これは基板ではなくてH社の自動車である。キット代払わないで何を購入しているのでしょうか。この走りをMCRでも生かして欲しい物である。
スポンサーサイト

MMC09 RE-max 徐々に2008-06-13(Fri)

MMC09 RE-maxが完成に近づいてきた。車体、各種センサ、プログラムなどなど。しかし、路面センサが間に合わない。キットのセンサを取り付けたいところであるが、いろいろとこだわりがあって悩んでます。仕方なく、2年前の試作センサを取り付けて試走を試みた。何と一度でクリアした。ちょっと予想外な感じである。直進性もさることながら、Rもハツカネズミのように回る??。昨年のセンサでいけるかもしれない。今回はセンサ確認LED_MODEも搭載してあるので、クラッシュ後の確認も容易である。

アナログセンサでないと勝てないみたいな風が吹いているかもしれませんが、まだまだできることが沢山ありそうです。

明日は内輪差を整えてLOG解析をする予定です。

恐るべし6382008-06-08(Sun)

先日注文しておいた638が入手できたので早速ピニオンギヤの固定を試みる。どこかの記事で10分・・・。恐るべし、秒単位でやばい。下手な瞬間接着剤より早く強烈に固定が完了してしまう。一発で決めないと大変なことになってしまう。実は大変なことになってしまった。詳細は語りたくない。超ショック。犠牲になったモ*タを見て再度ショック。こんな造りなのでしょうか。

恒に使用数の2倍を注文していたのでなんとか4輪完成。電池無しで780gぐらいであった。もう少し減量をすれば、久々に1000gを切ることができるかもしれない。

見習い君MCRにはまる2008-06-06(Fri)

見習い君はMCRにはまった。連日熱心に試走と製作を繰り返している。やはり、動く物は目で見て成果が確認できるのでやる気が出るのでしょう。これに対して、このような物に近寄ろうとしない方も多い。理屈だけではどうにもならない世界であるから。

Typeーs基板はマイコン基板も含めて電解コンデンサ5000μF追加、ダイオード3個追加。このぐらいでやめておきます。サブ基板もほぼ完成。

坂道検出センサはリミットSWよりスマートに行かなかったが何とかなりそうである。しかし、今までより重量は軽くなったと思う。

モータのピニオンは本日、は*あい接着剤を注文した。638にした。50mlもいらないのであるが仕方がない。来週中には試走ができるかもしれません。

Newマシンの製作続く2008-06-04(Wed)

RE-max使用のNewマシンの製作を続けています。本日はType-s基板用CPUのP3とP4に接続するためのサブ基板を製作しました。ついでにType-s基板の改造をしました。一部納得できない部分があったので本日はパターンをカットしてコンデンサやダイオードを取り付けました。電源部分のパターンをカットして気がついたことは、かなり厚いパターンで配線されていることが分かりました。見た目でも充分に厚いと思いましたが、これはラジコンアンプに匹敵する?の銅箔ではないかと思いました。連続で10A以上は大丈夫そうです。それをさらに増強しました。ここまでくるとFETのON抵抗の方が問題かもしれません。

以前考えていた坂道検出用のSW、今年は全面的にリミットSWを廃止するかもしれません。

見習い君も頑張る!2008-06-02(Mon)

見習い君はRE-max用のギヤボックスに取り組んでくれています。ギヤ比は56:12に決定しました。理由は今まで使用していた56と、たまたま購入した12があったからです。計算したら結構良いかもしれません。
こちらは、シャーシを製作中。図面を引かないでいつも製作を始めるので切ったり作り直しの連続である。RE16では不可能な構成となっています。部品を仮組して、type-s基板を乗せたら後輪が・・・。仕方なくブザーを削った。このブザーは削り甲斐がある。いくらでも削れそうである。なるべく無駄を省いて軽量低重心を心がけています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。